いざ引越しだが、荷物が入らない!

いざ引越しだが、荷物が入らない!

大学3年の時に住んでいた寮を出て地元から通うためになったので福岡から下関に引っ越した時の体験です。その時はとにかくお金がなかったので安く済ませようと一度地元に帰って車を借りてきてその車に荷物を積んで帰ろうと思っていたのですが、車(箱型のコンパクトカー)一台で充分足りるだろうと思っていたのに実際は荷物が意外に多かったのと車の室内が意外と狭かったこともあって服や小物などは入ったのですが、肝心の家電が入らない!

 

冷蔵庫などはどうせ帰ってから処分するつもりだったのですが、ストーブなどの家電が入らない上に、引越しの三日後位には新しい人が来るから家具はできるのなら今日中(というかその時)に何とかしてくれという家主の忠告もあって、泣く泣くストーブはそのままリサイクルショップに持って行きました。下関と福岡を二往復するという手もあったのですが、それだと金がかかってしまうのでそれも諦めて持てるだけの荷物で寮を引き払いました。もっと計画的にしておけば・・・私の引越しの時の後悔です。

引っ越し作業での失敗談

今まで3回ほど、仕事の関係上引っ越しをしてきたのですがその中で一回だけ大きな失敗をした事があります。住んでいたのは、庭付きのアパートでもちろん1階でした。そのような良い物件でしたが、遠方に引っ越しをしないといけなくなったので引き払う1ヶ月ほど前から引っ越しの準備に取り掛かります。

 

今回も引っ越し業者に頼み、見積もりをしてもらいダンボール等資材も事前準備されだいぶ楽な引っ越しになるかなと思っていました。今までの経験を活かし、すぐ使う物、すぐ使わない物を分けて梱包していきます。更に当たり前の事かもしれませんが、ダンボールには何が入っていて、どこに置く分かをしっかり表記。

 

段々片付く中、片付けを終了した部屋にそのダンボールをどんどんしまい込んで行きます。いよいよ当日!一箇所にまとめていた為、引っ越し当日は随分と時間短縮できました。

 

しかし・・・

 

うかつにも、庭の荷物を忘れていたのです。
結局、トラックは出発してしまい別のトラックを手配。その為追加料金発生という情けない引っ越し失敗、今思い出しても恥ずかしい話です。